top of page

音楽留学準備☆リューベック音楽大学

私の母校であるリューベック音楽大学。

やはり留学準備でも1番力が入ってしまいます(笑)

私の生徒さんがリューベックで音楽に包まれた充実した日々を過ごしてくださっていたら・・・本当に幸せです!


来月2月にいよいよ現地での入試が近づいてきました。

6月入試に向けての準備を始める方にもご参考になれば・・・と思い、やることリストをまとめたいと思います!



①先生探し


まずは習いたい先生について情報集めを開始。

YouTubeなどで先生の演奏動画などを観てみましょう。

友人・知人、先輩などからお話を聞くのもオススメ。

講習会に参加するのもいいですね!


②Vorspiel→レッスン


自分の履歴書、演奏動画などを先生に送り、Vorspielをしましょう。

現地に行けなくてもオンラインで可能な先生も増えています。

Vorspielで先生の指導を気に入ったら、引き続きレッスンをお願いしてみましょう。


③出願


出願期間中にオンラインで行います。

この時までに希望の先生にお名前を書いていいかを確認しておきます。

必要書類をアップロードするので、しっかり揃えましょう。

作業はたまにストレスがたまることもあるので、余裕を持って取り組んでくださいね。


④演奏動画アップロード


オンライン出願が無事に受付となると、演奏動画のアップロードについての詳細が届きます。

それぞれの楽器で注意があるので、要チェックです!


⑤Einladungが届く


演奏動画試験に合格すると、リューベックでの現地入試のEinladungが届きます。

(大体入試の1ヶ月前くらいです)

現地で先生にレッスンして頂いたり、体調をととのえるため、余裕を持って出発しましょう。

もし可能であれば、音大に行き、下見をしておくと安心です!



近郊のハンブルクに滞在すると練習スタジオもあるそうです。


⑥現地入試


朝8時に集合。

(私の時もそうだった!笑)

審査順リストが掲示されます。

Kammermusiksaalが会場だと思いますが、とても落ち着くホールだし、教授の皆さんも温かくお迎えくださるので、安心して演奏してくださいね。

試験は約15分で、好きな曲から始めることができると思います。


⑦ドイツ語試験


演奏試験合格者に語学試験が実施されるようです。

規定はB2なので、しっかり準備しましょう。

語学証明書を提出する必要はありませんが、Sprechen対策として、ゲーテのB1は受験しておくことをおすすめします。



私の生徒さんもいよいよ2月にリューベックへ!

すでに留学をしている元生徒さんがご丁寧に案内をしてくださるようで、本当に安心です。

こうして私の生徒さん方が助けあってくださることに心から感謝しています。


またリューベック情報をお伝えしますね☆


体験レッスン受付中です☆

皆さんでご一緒に夢に向かって頑張りましょう!



最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page